水分補給と便秘

水分補給と便秘

最近は温暖化のせいで夏は殆ど毎年酷暑になるとの予想が出ています。

 

酷暑ということで、汗による体内の水分の蒸発も増えるということで、便秘で悩んでいる方は、水分の補給をこまめにしておくといいでしょう。

 

 

便の成分の6割から8割を水である状態だと便秘になりにくい便になるそうですから、水分のホきゅぅは書かせません。

 

 

水が多めの便の場合は便秘になりにくく、便の水分が50%を割ってしまうと、かなり便秘になってしまう可能性が高いようで、堅い便となると、排泄も大変です。

 

 

もちろん、水分が多すぎても下痢になってしまうわけですが、水の飲み過ぎで下痢になるということはなく、冷えることによって、腸が痙攣して、水分をきゅぅしゅうしないうちに、排出すねことで、下痢になるだけですので、同じ水分でも、冷たい飲み物をがぶがふととれば、下痢にはなります。

 

 

便秘になりにくい理想的な便というのは水分を適度に含んでいることが大切なのですが、便秘になりにくい色の便というのは、色的には、濃くもなく、薄くもないそして水に浮く便が便秘です。、

 

 

排便して、便が浮いてイルようならば、水分が多い、水の底に下に完全に沈んでいるのならは、水分がすくない証拠で、堅く重いため沈んでいるので、便秘でなくとも、便秘になりやすい便といえるでしょう。

 

 

便秘になりにくい便を出すためには水分摂取がじゅぅようと言うことですが、具体的にどの程度の水分を補給したらいいのかということが知りたくなりますよね。

 

 

一日に、必要な水分、つまり水をどのぐらい飲めばいいのかというと、大体一日に1.5リットルから2リットルくらい飲むのが良いそうです。

 

 

もちろん、激しい運動をしたときとか、夏場特に汗を方時などは、それ以上必要になるかもしれません・

 

 

理便秘で悩んでイル人は、とりうえずは、少なくとも便秘解消のため毎日1.5リットルぐらいは最低でも水を飲むように心がけてみてはどうでしょうか?

 

 

それでも腸の動きが悪く、腸内に長くとどまれば、必要以上に水分を吸収してしまい便は堅くなるので、必ずしも便の水分量が多くなるとはいいませんが、水分が少なければもっと堅くなるわけですから、たくさん水分をとることはマイナスではないと思います。

 

 

一日に1.5リットルといっても、一度に飲むのは困難ですし、水だけでは溶くに冬場はのめませんから、ペットボトルのお茶などを用意しておくといいかもしれません。

 

 

ペットボトルのお茶ならば、食事の時に、湯飲みに入れてレンジでちんすれば熱くして飲めますし、飲んだ量も把握しておけます。

 

 

急須と、魔法瓶だとなかなか飲んだ量が把握しづらいでしょうから。

page top