ホームヘルパーの仕事内容と範囲

高齢化とともに深刻なスタッフ不足に苦しむ老人施設が増えています。

 

結局施設内での職員の待遇の悪さもその要因の一つのようです。

 

今最も注目されている業種でもあります。求人広告でもおなじみになった資格でありますが、具体的にホームヘルパーってどんな仕事をするのでしょうか?

 

ホームヘルパーとは、在宅の高齢者や障害者の家を訪問して、介護関連のサービスや家事支援をしていく福祉サービスです。

 

介護と言った場合は、食事、入浴、トイレ介助、衣服着衣、買い物支援など、基本的な生活全般にわたって援助や代行を伴いますので、ここまでという境界線を引く事が出来ません。

ホームヘルパーの仕事内容と範囲

この資格取得者の仕事は、本人のみならず、その家族の精神的負担を軽くし、時には技術指導を行う事もあります。

 

在宅支援をする場合は、傷病や住宅改修などに関わる業務もありますので、専門家や機関とも協力しあって行われる事が多いのです。

 

そのために介護とは直接つ ながりはなくても、利用されるであろう他業種への基本的な知識や各種制度への理解力、応用力を問われる機会もふえつつあります。

 

ホームヘルパーは、生活支援事業という性質上、利用者の生活スタイルや時間帯にあわせるのを基本としています。

 

そのため、事業所の形態によって勤務時間も まちまちなので、一概には言えないのですが、24時間体制にしているところがあったり、曜日毎に数時間ずつのシフト制であったりするなど、さまざまです。

 

特に非常勤職員になると、勤務時間はきわめて不規則になりますので、職員の中には、体制改善を求める人も少なくはありません。

 

実際、勤務形態を観てみると、ホームヘルパーのなかでも、非常勤職員と常勤職員と2種類あることがわかります。そのほとんどが非常勤職員で運営されているというのが現状です。

 

では、ホームヘルプ事業は、どういう事業所で運営されているかと言いますと、要介護者および要支援者の支援についてはおもに介護保険制度で管轄されていま す。

 

介護保険事業を実施している業種は、実に多岐にわたっています。

 

従来の事業所である市町村社会福祉協議会のほか、社会福祉法人、医療、営利、生協、農 協、NPOなど各種法人などがあります。

page top