医療事務系資格の種類と難易度

医療事務系資格の種類と難易度

仕事に生かせる資格試験と言うことで、女性にもっとも人気が高い資格の一つに医療事務があります。

 

これは読んで字のごとくで、病院内での事務処理を行なう、いわゆる事務員さんですが、受付、カルテ、報酬と部門はいくつかに分かれていて、同じ事務でも内容は微妙に違ってきます。

 

ただし難易度は、さほどの差はないようです。医療系専門とは違って、医療事務は民間資格です。

 

就労するにあたって、どうしてもなくてはならないという緊急性はないんですが、あれば就職に強いと言う点で評価されているようで、時給も悪くないので、パートでの副収入にいいようです。

 

医療事務に含まれる種類は以下の通りです。
医療事務士、医療管理士、医療事務管理士

医療事務士は、診療報酬の計算をしてくれる事務職ですが、「日本病理管理教育協会」指定の学校に通わなければ受験させてもらえないようです。
3つある資格 試験のなかでは、一番難易度は高いかもしれません。

 

診療報酬請求事務能力認定試験という、非常に長ったらしい名前がついた資格試験に合格しなければならな いからです。

 

合格率は、3割程度のようですから、しっかり学校に通って、所定の項目を取得しておいた方が良さそうです。

 

こういった難易度の高い資格試験に 合格したという事は、医療事務士としては非常に技能的に高いというお墨付きを頂いたということですから、社会的信頼はぐんと高くなるでしょうね。

 

医療管理士は、患者さんの診療カルテを管理する仕事で、やはり「日本病理管理教育協会」指定校へ通うことで受験できます。

 

医療管理事務士と言った場合は、カルテから受付まで、一貫して管理する仕事です。こちらは特に受験資格はなく、どんな人でも受験できるので、一番手軽かもしれません。

 

実際に就労する場合は、資格うんぬんよりも、患者さんにいかに好かれるかといった、人柄がもっとも重要視されるようです。

page top