家庭問題と探偵費用

自分だけでは解決できない問題、トラブルの相手がはっきりわからない問題、また家族に知られずに解決したい問題などがあった時どうしますか?

 

一番手っ取り早いのが探偵に調査してもらうことです。

 

しかし、多くの人は費用がたくさんかかることを心配すると思います。

 

そこで探偵調査にかか目費用ってどれぐらいなのか?まとめてみました。

 

探偵事務所の料金相場

探偵事務所が必要な時は誰にでも来る?

 

探偵事務所に調査を依頼した場合には、どれくらいの料金が掛かるのか。

 

料金の相場が分かる方は少ないのではないでしょうか?

 

多くの方は探偵事務所にお世話になったことが無いだけでなく、自分が探偵事務所のお世話になるとは思ってもいないのではないかと思います。

 

しかし、探偵事務所の調査が必要と感じる時は、実は突然やってくるものなのです。

 

自分一人では解決できない問題が発生したときには、あなたも探偵のお世話になる可能性が十分にあるのです。

 

それでは、探偵にお世話になるトラブルとはどのような場合が考えられるのでしょうか?

 

探偵事務所が行っている調査は主に以下のようなものが有ります。

・浮気や不倫の調査や証拠収集
・ストーカーにあった場合の加害者の特定や証拠収集
・嫌がらせやご近所トラブルの加害者の特定や証拠収集
・結婚相手や家族の調査
・お金を貸した相手などの所在調査
・結婚詐欺や金銭トラブルの解決
・虐めやハラスメントの証拠収集
・盗聴器の調査

探偵事務所はこのようなトラブルに対して調査や証拠収集を行ってくれます。

 

どれも自分には関係ないと思っている方も多いと思いますが、このような問題は突然発生する可能性があり、誰にでも起こりうるトラブルでもあります。

 

浮気や不倫は既婚者の約3割が経験有と答えている現状があり、ある日突然ご近所問題に悩まされる可能性もあります。

 

また、信用していた親友にお金を貸したら行方不明になった。

 

子供や親友が虐めやハラスメントやストーカー被害を受けてしまう可能性も否定できません。

 

そんな時にも慌てないように、謎に包まれた探偵事務所の料金相場をご紹介させていただきます。

 

今回は探偵事務所を経営している方と偶然知り合う機会があり、私自身も知らない事や興味があるお話を沢山お聞きすることが出来ました。

 

お話をお聞きして今回の記事の参考にさせてもらった探偵事務所はこちらになります。
名古屋調査室ai 探偵事務所

 

まだまだ付き合いは浅いのですが、とても誠実で信頼できる方という印象を受けました。

 

名古屋の会社になりますが、全国の調査が可能とのことです。

 

探偵事務所の料金体系を知ろう

探偵事務所の料金は、どの様に決まるのかをまずは説明させていただきます。

 

探偵事務所の料金体系は、基本的に「調査を行う人数」×「調査に掛かった時間」で決まることになります。

 

調査を行う人数が多くなれば調査の成功率は上がるのですが、その分料金が高くなる事になります。

 

出来るだけ料金を抑えたいと考える方も多いと思いますが、調査を行う人数を少なくすると、調査の成功率が低くなるだけでなく、調査時間が長くなり結果として割高になるケースも考えられるのでバランスが大切になります。

 

浮気調査など、対象者の行動を調査する場合には、通常2〜3名で調査を行うことがお勧めになります。

 

例えば、出口が複数あるお店やホテルに入った場合には、出口の数だけ調査員が必要になるなど物理的な問題があるためです。

 

また、常に同じ人が尾行や張り込みを行うとこは、対象者に怪しまれてしまう危険性が高いため、複数の人間が交代で対象者に近づき撮影などを行うようです。

 

また、デートスポットやホテル街などでは男女の調査員の方が違和感がないなどの理由もあるそうです。

 

このような調査上の理由から、調査にあたる人数は調査内容によりほぼ決まっており、極端に減らすことは難しいと考えられます。

 

調査に掛かる時間は、状況により大幅に減らすことが可能

浮気が行われる日時が分かっている場合は、その日時に調査を行えば数時間で解決できる場合もあるようです。

 

日時が不明の場合には、多くの内容をヒヤリングして絞り込んだり、あえて相手の自由な時間を作ってヤマを張ったり、GPSなどの機器を利用して行動を把握することもあるようです。

 

例えば、「今週の週末は同級生と食事に行くので、お酒も飲むし実家に泊ってくる。」と相手に浮気が出来る時間を与えたりして、その日に調査を行うことは多いようです。

 

このあたりのノウハウが調査料金を抑える為には非常に大切になります。

 

最近では成果に対して料金が発生する「成功報酬制」の料金体系を取り入れている探偵事務所も増えてきています。

 

この料金体系は、お約束した結果が出たときに料金が発生する事が特徴で、成果が出ない場合には料金が掛からない特徴があります。

 

依頼する人にとっては非常に魅力的に感じますが、大きなデメリットもあるので注意が必要です。

 

成功報酬制料金のデメリット

・調査結果を出す事が優先されるため、リスクがある調査を行う傾向があり、対象者に気付かれる可能性が高くなる。
・探偵業者的にもリスクがあるため、料金は基本的に割高になる。
・結果に対して料金が発生するため、調査方法や調査方針の希望が聞き入れて貰えない。
・後払いが基本になるため、途中経過や現在の状況を教えてもらえない。
・数時間で結果が出た場合であっても、当初契約の料金が掛かることになる。

探偵が行う調査の多くは、結果を急ぎ過ぎると相手に気付かれてしまう危険性が高くなる性質があります。

 

特に浮気調査などでは、対象者に近づけば近づくほど見失う可能性は減り、証拠収集の成功率も上がりますが、相手に気付かれてしまう可能性も高くなります。

 

一度気付かれてしまった対象者は警戒心が強くなるため、今度の調査が出来ないばかりか、夫婦間の仲が険悪になってしまう可能性も高くなります。

 

成功報酬制は短時間で成果を出したい探偵事務所の考えが出てしまうことが多く、大きなリスクがある事を理解する必要があります。

 

このようなリスクを理解して、利益よりも依頼者のために調査を行ってくれる信頼できる探偵事務所を選ぶ事が大切です。

 

追加料金や不透明な料金に注意

探偵の料金には多くの追加料金が掛かる場合があります。

 

スーパーやコンビニで買い物をする場合には、値札の料金だけ支払いを行えばよいのですが、エアコンや海外ツアーなどでは、その他の料金が掛かることを経験されている方も多いのではないでしょうか?

 

安い海外エアコンを購入したつもりでも、取り付け費用が高額な場合や古いエアコンの引き取り料が高額の場合は少なくありません。

 

このような追加料金はある程度掛かるものですが、明らかに高額な場料金を請求し利益を上げている業者も珍しくありません。

 

探偵の料金も同じような料金体系であり、基本の調査料金以外にかかる料金がありますので注意しましょう。

 

代表的な追加料金は以下のようなものがあります。

・電車やタクシーなどの交通費
・車両代や駐車料金などの車代
・報告書作成にかかる料金
・調査の下見にかかる料金
・基本料金に含まれない調査がある場合の料金

探偵が行う調査は、依頼内容によって追加料金が発生することはある程度理解が必要です。

 

東京で調査を依頼した場合であっても、対象者が新幹線で大阪まで移動すれば、交通費だけでもそれなりに掛かることになります。

 

この料金を全て探偵が持つことは難しく、調査に掛かった交通費や宿泊代などは、別途請求する事が一般的です。

 

掛かった費用のみを請求する探偵は良心的と考えられますが、中には高額な出張費などを請求し利益を上げている業者もありますので注意しましょう。

 

また、通常なら必要と考えられる報告書の作成代や下見費用が含まれていない場合にも注意が必要です。

 

探偵の中には、ホームページなどの広告にある料金と、実際にかかる料金がかけ離れている探偵も多くあります。

 

同じ浮気調査であっても難易度が異なり掛かる経費も依頼ごとに異なるため、「浮気調査〇〇円〜」などの広告を出している業者は避けたほうが良いと考えられます。

 

探偵事務所の料金を比較する場合には、「総額」を必ず比較するようにし、総額を提示してくれない業者は避けるようにしましょう。

 

具体的な料金相場

探偵事務所の料金相場は、業者により差が大きいのも事実です。

 

通常1日8時間の調査を(調査員2名・車両1台)依頼した場合には、10万円から35万円の間になることが一般的です。

 

業者により料金の差が大きいのですが、料金と調査力は比例しないのもこの業界の特徴です。

 

探偵業者により料金の差が大きい理由として、調査に掛かるコストよりも高額な広告費や出店費用が影響していると考えられます。

 

タレントなどを使い大々的な広告を行っている探偵は、広告費が高額になりその分調査料金が高くなる傾向にあります。

 

逆に弁護士事務所などからの紹介が多い探偵事務所は、広告費がほとんどかからず調査料金が割安な場合が多いようです。

 

全国展開をしている探偵事務所の場合は、全ての支店で利益が出ているとは考えづらいだけでなく、大きな金額が必要な出店費用などが、調査料金が高額になる原因になっている場合もあります。

 

最近では出資詐欺などを行っていた会社を有名タレントが広告を行っていた事もあり、タレントを起用した広告を行っている探偵が信頼できるとは言えないと思います。

 

また、支店数の多さや全国展開をしている事が、依頼者にとって利益になることは無いのではないでしょうか?

 

調査の難易度により料金は大幅に変わりますので、複数の探偵事務所に相見積もりを取り、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

 

「その場で契約を迫る業者」「強引な勧誘をしてくる業者」「総額を提示してくれない業者」は避けるべき業者になります。

 

まとめ

探偵事務所に調査を依頼するようなトラブルに巻き込まれないことが一番良いのですが、万が一自分1人では解決できない問題に悩まされた時には、探偵があなたの力になってくれる場合もあります。

 

また、今現在トラブルに巻き込まれている場合には、対応が可能か相談をしてみると良いでしょう。

 

実際の探偵の方に話をお聞きして感じた印象は、けして悪くなくむしろ好印象を受けました。親身になって相談に乗ってくれる頼れる存在であると私個人は感じました。

 

探偵事務所は「警察や弁護士では対応してくれない問題を解決する場所」とおっしゃっていた言葉が印象的でした。

 

探偵に調査を依頼する場合の参考にして頂ければ幸いです。

ページの先頭へ戻る