内祝に何おすすめなフラワーギフト

内祝って意外と悩んだりする人が多いものなんです。

 

まず内祝の意義というものをはっきりさせておくとすると、自分たちの喜びを、身近な人にお裾分けするという意味が込められています。

 

もちろんお返し的な意味もあるわけですが。

 

具体的なイベントを上げるとすると、結婚、出産、新築祝いなどで、お祝いを頂いた方に、

 

その返礼として、お返しの贈りものをするときに内祝いを贈るのが一般的です。

 

ただし、必ずしも内祝を贈らなければならないというしきたりがあるわけではないので、必然ではありません

 

ただそうは言っても、お祝いを頂いたのに、何も返さないというのは、逆によほどのけちだと思われるとか、

 

返さないのは失礼だとか、たいていの場合思うはずですから、普通は内祝いとして贈ります。

 

ただし、「お返し」という言葉はよくないので、「内祝い」として「ありがとう」を贈るということになります。

 

次に問題となるのが「何を贈ろうか・・」という悩みです。

 

ギフトショップにただ出かけて行っても、散々悩んで、結局何にすればいいか分からなかったという人の話を聞いたことがあります。

 

そんな方にお勧めしたいのは、「フラワーギフト」です。

 

お花をもらって、嫌がる人はめったにいません。

 

ではどんなお花がいいのか・・・

 

生花の花束から、プリザーブドフラワー、ソープフラワーの花束、ハーバリウムなどたくさんの種類のフラワーギフトがあります。

 

次に予算ですが、半返しといって、頂いたものの半分の価値を相場と考える方法もありますが、

 

とても効果の物を、善意で頂いている場合、その半分が相当な金額になってしまうこともあります。

 

逆に相手にそんなに高価なものを返されても・・・と気を遣わせてしまうこともあるので、

 

だいたいの相場として、内祝いであれば、3000円〜5000円で考えるといいかもしれません。

 

内祝いの時期

内祝いは贈り物を頂いてから、1カ月以内にお送りするのが一般的です。

 

かといって、頂いてから1週間もたたないうちというのは、あまりせわしないですから、半月ぐらいは間をあけたほうがいいでしょう。

 

あまりにせっかちなのもよくないと思います。

 

たぶんお祝いを頂いたあなた自身もいろいろと忙しいでしょうから、ある程度落ち着いてからでいいでしょう。

一工夫するならハーバリウム

ハーバリウムというものをご存じでしょうか?

 

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを美しいガラス瓶の中に入れたインテリアです。

 

生花は後に残りませんが、ドライフラワーやプリザーブドフラワーは残ります。

 

ただ、ドライフラワーやプリザーブドフラワーも、そのままでは、ほこりがたまり、

 

いつまでも美しく保つのは大変だったりします。

 

しかし、ガラス瓶の中にいれてあれば、その心配もありません。

 

またガラス瓶自体が可愛くおしゃれなので、インテリアとしてもとても素敵です。

 

さらにこのハーバリウムは、きっとも販売されていますので、自分で手作りすることもできます

 

これならば、そんなに予算も必要ありませんし、贈った相手にも喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

メッセージを添えて、自分の手作りであることを付け加えると、とてもいいのではないでしょうか?

 

参考までにご案内すると、バーバーリウムのキット通販がこちらにあります。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る